音楽の力〜みんなで繋げよう明日へ〜

東日本大震災から学んだ大切なことを伝えるため

2011年3月11日14時46分東日本大震災が発生し、6年が過ぎました。
大好きな音楽を志し上京。本格的に活動をしようと思った矢先、突然地震は起きました。
地震・津波・原発事故、次々に悲しい出来事が起こり、これからどうすればいいのだろうという不安の中
石田の両親の実家がある徳島県に一時避難し、沢山の方々と触れ合い自分自身を見つめ直す時間を頂きました。
僕等も福島県の避難所や宮城県の避難所を訪れて、避難者の方々のお話や、復興状況等をお聞きしたのですが
やはり6年以上たった今でも復興への時間はまだまだ掛かります。
被災地の方は『いつか美しい街が取り戻せる日が来るのを信じています。』と毎日を必死に生活されていました。
東日本大震災を通して学んだ『絆』や『命の大切さ』をもっともっと沢山の人に伝えたい!という事で、
「音楽の力~みんなで繋げよう明日へ~」をテーマにしたトーク&ライブ公演を行うことになりました。
活動の中で感じた想い、被災者の皆様から受け取った想い、今までの経験を活かして全国の皆さんへ気持ちをお届けしたいと思います。

HILL STONE 岡田正紀 石田勇己

 

プロフィール

 

中学校時代、同級生である二人はカラオケで意気投合し、同じ部活に入り、交友を深めながら高校を卒業した。社会人になっても、音楽活動を続けるためにお互い一年間地元の企業に勤め2010年9月に「ヒルストーン」が結成。名前の由来は二人の名字から一文字ずつとり、「岡(hill/ヒル)」と「石(stone/ストーン)」でヒルストーン。結成後、JRいわき駅前でストリートや多数のイベントに出演。2011年2月に上京したが、去年、3月11日に東日本大震災で被災し石田の父の実家がある徳島県に拠点を移した。二人で考えて僕達にも被災者の皆様を歌で励ます事が出来るんじゃないか?と思い少しでも元気になってもらえるよう歌詞を試行錯誤して曲を作り、2011年7月30日 1st Single「みんなで〜繋げよう明日へ〜」を1000枚限定リリース。CDの売上金の一部を日本赤十字社に義援金として寄付し、2012年3月17日 2nd Single「PRIDE」をリリース。2013年1月東日本大震災から学んだ大切なことを伝えるため「音楽の力〜みんなで繋げよう明日へ」公演スタート。 2013年1月13日 初のワンマンライブ「HILL STONE ONE MAN LIVE 」開催 動員数250名。2013年2月18日 TBS「ニュースバード」に出演。2014年3月被災地の方々の真実の言葉を歌詞にした曲「Your Smiling Face / 希望のうた」をリリース。

 
 

講演概要

 

東日本大震災を経験し、そこには何も出来ない自分達がいました。活動の拠点を徳島県に移して自分を見つめ直す期 間があり、二人で考えて僕達にも被災者の皆様を歌で励ます事が出来るんじゃないか?と思い少しでも元気になって もらえるように曲作り、ライブを試行錯誤し活動を続けてきました。被災地にも何度も足を運んで被災状況や被災者 の方々の話しなどで「人と人の絆」、「命の大切さ」を実感しました。そこで、東日本大震災から学んだ 「人と人の 絆」、「命の大切さ」などを全国の方に知っていただくため【音楽の力~みんなで繋げよう明日へ】トーク&ライブ を2013年1月からスタート。

●公 演 名『 HILL STONE 音楽の力 ~ みんなで繋げよう明日へ!! 』

●会  場全国の小学校・中学校・高等学校

 地方自治体の人権教育講演会・人権イベント・防災イベントなど

●公演制作株式会社ディアミュージック

●内  容トーク& LIVE(約90分)

 人権講演会、人権教育講演会、人権・防災講演会、人権イベント

  防災講演会、防災イベント、人権コンサート、芸術鑑賞会、音楽鑑賞会など

※公演内容については、各会場によって一部変更になる場合がございます。

Your Smiling Face

 

希望のうた

 

ありがとう

 

ふるさと

 
 
 

主な実績

 

いわき市立好間中学校

あいぽーとフェスティバル

加東市立東条中学校

明石市立望海中学校

幸手市立東中学校

亀岡市立育親中学校

楠地区人権コンサート

朝日町立朝日中学校

裾野市立東中学校

三重県立朝明高等学校

江南市立布袋中学校

郡上市立郡南中学校

鹿屋市立大姶良中学校

南あわじ市立南淡中学校

名古屋市立黄金中学校

周南市立菊川中学校

桑名市立城南小学校

桑名市立日進小学校

和歌山県立箕島高等学校

愛媛県立北条高等学校

高浜市立南中学校

知立市立竜北中学校

横手市立増田中学校

阿南市立富岡小学校

草津市立新堂中学校

小林市立野尻中学校

勝浦町立横瀬小学校

有田市立文成中学校

丹波市立氷上中学校

伊賀市
「人権を考える市民の集い2016」

鈴鹿高等学校

 
寄せられた感想

私は、東日本大震災を経験していないので、今まですごく他人事のように感じていました。でも、今日のHILL STONEの講演会を聞いて、「決して他人事ではない。いつ自分の身に何が起こるか分からない」と感じました。HILL STONEさんはすごく、トークもうまくて歌唱力にはビックリしました。歌を聞いていると、一つ一つの歌詞にすごく思いが込められていて、感動しました。実際に自分たちが被災地に行って思ったこと、体験など詳しく教えてくださり、とても勉強になったし、心にささりました。人と人とのつながり、家族との大切さ、命の重みが考えられた講演会でした。こういう場が少しでも増えたら、今まで忘れていた人権を考え直す機会にもなるので、来年からも積極的に行うべきだと思いました。

(中学生3年生)

今日は、来ていただき、ありがとうございました。ヒルストーンさんのコンサートを聴いて、改めて家族の大切さ、友達の大切さなどを知ることができました。歌も歌ってくれ、東日本大震災のことを詳しく話してくれ、とても心に響きました。東日本大震災が発生した年、私は小学校6年生でした。テレビをつけると、津波で家がくずれ、何もかもばらばらになっていることに驚いたのを覚えてます。家族や友達、そして大切な人や愛する人を失った人は、とても苦しくて辛かったと思います。ヒルストーンさんの話しを聞いてると、その時の情景や、それぞれの気持ちなどが浮かんできてとても感動しました。今日、歌ってくれた歌の全てが、心に響いて、この歌を通して、みんなの心がひとつになった気がします。歌にもあった「ありがとう」という言葉。私には、大切な友達や家族がいます。いつ起きるか分からない地震で、ばらばらになるとか考えられません。だけど南海地震もいつ起きるか分かりません。だからこそ「ありがとう」という言葉を忘れずに、1日1日を大切に生活していきたいです。改めて今日は、友達の大切や、家族の大切さ、自分1人ではないということなど、自分に大切なことに気付くことができました。ヒルストーンさんが話してくれたことを忘れずに、私も頑張っていきたいと思います。本当に、今日はありがとうございました。

(中学生2年生)

講演会では、「HILL STONE」のコンサートを聞いて、2人の方が東日本大震災を経験し、自分たちの想いや、被害者の皆さんの声を聴いて感じた「人と人の助け合い」、「家族の絆」、「命の大切さ」を歌に、音楽を通してとっても伝わってきました。家に帰って歌詞を読んでいると、心に響き渡るいい歌詞だなぁと思いました。私はここで音楽の力は、とってもすごいんだなぁと感じました。東日本大震災のことについて、もう一度改めて学ばしていただけたので勉強になって良かったです。

(中学生3年生)

わたしたちに分かりやすく話して下さったので良かったです。東日本大震災について、自分は全然関係ないと思っていましたが、講演会の話を聞いて、自分は関係ないと思ってはいけないと思いました。講演会を全体で思ったことは、歌をはさみながらいろんな話をしてくださったので、私も飽きずに聞けて楽しかったです。

(中学生1年生)

とても良いことだと感じました。話だと聞きのがす事があると思いますが、歌を通じて、心に残ることだと思います。ぜひ次回もお願いしたいと思います。

(保護者)

音楽性が高く、東日本大震災時の現実・被災地の実際の様子がお2人の話から胸にせまりました。強いメッセージ性のある心のこもった力ある音楽に触れ、たいへん感動しました。

(保護者)

とても心に響く講演会でした。子供達にもとてもよい時間を与えられる事ができました。ありがとうございました。

(保護者)

メッセージ性のある歌詞で、すばらしい歌を聞かせていただき、ありがとうございました。東日本大震災の体験や活動を通しての映像を交えての話もとても勉強になりました。

(保護者)